コラム

column

ALL YAMAGUCHIで勝利を掴む!レノファ山口

レノファ山口は山口県山口市維新みらいふスタジアムをホームスタジアムにして、明治安田生命J2リーグに参戦しているサッカークラブです。

今回は、1949年創設の「山口県サッカー教員団」を起源とし、2006年にクラブチーム化して以降、ますますサポーターに愛され、支えられているレノファ山口の魅力に迫ります。

*この記事は、2019年9月1日(日)に取材したものです。

チーム紹介

レノファ山口は、山口県民が 「夢・感動・元気」 を共有できるクラブを目指して、選手・サポーター・スタッフ、ALL YAMAGUCHIがレノファ山口の一員であることを誇りに思いながら戦うクラブです。

*参考URL:https://www.renofa.com/renofa_club/

スタジアムの魅力:グッズ巡りも楽しい!

スタッフさんおすすめ!レノファペンライト

レノファ山口が勝利時にスタジアムのライトが落ちてから、サポーターのペンライトでスタジアムをオレンジに染める「みらスターナイト」が2019年7月20日(金)〜9月1日(日)まで実施されました。

みらスターナイトの様子はこちら!

スタッフさん曰く、レノファの応援はスタジアムが一体となって応援に参加できるところも魅力だそうで、このペンライトは勝利をみんなで喜べるこの夏の必須アイテムだったとか。あたりが暗いので、スタジアムにオレンジの星が散りばめられたようでとても綺麗ですね!

来年の夏もみんなで盛り上がれるアイテムの発売が楽しみです!

(みらスターナイトの概要はこちら:https://www.renofa.com/archives/47809/

*みらスターナイトは、2019年9月1日(日)に終了しています。

目指せコンプリート!ミニハンドタオル

グッズ売り場の横にたくさんの人だかりができていました!その先には、8月18日(日) 京都サンガF.C.戦から販売されているミニハンドタオルのガチャガチャが!

ガチャガチャをした人に話を聞いてみると、1回ガチャガチャを回してしまうと、自分の推しの選手だけでなく、コンプリートしたくなってしまって、スタジアムに来るたびに3回は回してしまうんだとか。

私もつられて1度回してみました!

背番号7番 田中パウロ淳一選手が当たりました!

カップを開けるまで誰が出てくるかわからないというドキドキがたまりませんね。
タオルハンカチの大きさが、ちょうどズボンのポケットに入るサイズで持ち運びにも便利でした。
皆さんもスタジアムに行った時はぜひ回してみてください!

(参考URL:http://www.renofa.com/archives/37061/

スタジアムの魅力:広場でのイベントが楽しい!

2019年9月1日は、「レノファ山口CHEER UP!イベント」が開催されており、グルメガーデン特設ステージ前にはたくさんの人が詰め掛けていました。中でも「GO!GO!RENOFA!! スペシャルトークショー!」では、元日本代表ミッドフィルダー前園真聖さんと元なでしこジャパン・フォワードの丸山桂里奈さん、スポーツコメンテーターとして活躍する高木豊さんをお迎えしてトークショーが行われました。

トークショー後も、FM山口を通じてゲストによる試合解説が行われ、スタジアム内はもちろんですが、スタジアムに来られなかった方も楽しめたのではないかと思います!

試合を観戦!

9月1日は、同じ中国地方のプロサッカークラブであるファジアーノ岡山。前半8分と後半9分に仲間選手にシュートを決められてしまいますが、後半17分工藤選手がゴールを決め、1点を返します。
ゴールを決めた時の、スタジアム全体が喜んでいるような歓声を感じたことがないという人には、ぜひ一度スタジアムに来て一緒に応援していただきたいです!
レノファ山口の応援は、すべてのチャントやコールがわかっていなくても、コアなサポーターと一緒に盛り上がることができる暖かいものでした!

応援を楽しめた最大の理由は。応援の必須アイテム「タオルマフラー」を使った応援。選手入場の時にタオルを高く掲げたり、チャンスの時に一緒にタオルを振って応援したり、スタジアムの一体感を味わえてとても気持ちが良かったです!

結果的には、1対2でファジアーノ岡山に敗れてしまいましたが、ゴール前の競り合いも多く、あと一歩という場面が多かった試合でした。
後半に向けて、チームがまとまっていくのがわかったので、リーグ終盤に向けて期待が高まる一戦でした!

高井和馬選手にインタビュー!

*コメントは、インタビューを元に内容をまとめさせていただいたものです。

今回、背番号4番 高井和馬選手がインタビューに応じてくださいました!

Q.1 本日の試合の振り返りをお願いします。

前半はベンチで見ていたんですけど、開始早々に失点してしまって、立ち上がりがあまり良くなくて、後半も2点目の追加点を決められてしまいました。

そこから立て直せたんですけど、1点返せたところで終わってしまったので、チャンスもあったんですが、決めきれずに逆転できず、もったいない試合であったなとは思います。

Q.2 勝ちにつなげていくために必要なのはどういうことだと思いますか?

僕自身含めてチャンスはあったので、ゴール前のクオリティの部分など、チャンスがあった時に確実に得点につなげられるよう練習から意識していけば、最後を決めきることができるんではないかなと思います。

Q.3 シーズン終盤に向けた気込みをお願いします。

チームとして1試合1試合大事にして、最後どういうかたちで終わるかっていうのはわからないですけど、選手としてシーズンを少しでも良い形で終えられるよう全力を尽くすのは当たり前なので、最後まで諦めないで戦いたいと思っています。

Q.4 同じ中国地方のプロチーム、ファジアーノ岡山さんとの1戦でしたが、どのような印象を持たれましたか?

試合前半を見ていて、コンパクトで攻守において距離感をよく掴んだサッカーをするチームだという印象を受けました。

Q.5 新しいファン、既存のファンに向けて「レノファのここを見て欲しい!」ポイントを教えてください。

レノファのサッカーは攻撃的なサッカーが魅力なので、失点をすることもありますが、得点がたくさん入る試合を見せられると思うので、見ていて楽しいサッカーを自分たちもできるように頑張ります。

Q.6 サポーターに向けてメッセージをお願いします。

今年は期待してくれていたと思うのですが、ホームでもあまり勝てていなくて、それはすごい申し訳なく思っています。それでも試合に応援に来てくれているサポーターにもっともっと勝ち試合を見せられるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします。

サポーターの声をご紹介!

*インタビューを元に内容をまとめさせていただいたものです。

ー中学校3年生、女子2人組―

① どれくらいの頻度で応援に来ますか?
ホームで試合があるときは大体きます!

② ファンになった経緯を教えてください!
初めは学校で無料招待券をもらってきていたんですが、試合を見たら楽しくてスタジアムに足を運ぶようになりました。

③ レノファの応援の楽しいポイントを教えてください!
たくさん点を取るところ。みんなで盛り上がれるところもおもしろいです。

④ オススメのスタジアムグルメを教えてください。
チーズハットがおいしいです!

―ご夫婦―

① ファンになった経緯を教えてください!
(旦那さん)J3時代に職場の同僚からレノファ山口のことを聞くようになって、スタジアムに見にきたらハマってしまいました。
(奥さん)今年から旦那さんと一緒に来るようになりました。今は応援する選手ができて楽しく応援しています。

② レノファの応援の楽しいポイントを教えてください!
(旦那さん)オリジナルの応援が多いところがおもしろい。

―男性2人組―


① ファンになった経緯を教えてください!
山口で唯一のプロチームだったから、というのも大きいんですが、もともと以前のレノファ山口の監督が自分たちの学生時代の監督をやっていた人だったので、そういう縁もありました。

② レノファの応援の楽しいポイントを教えてください!
いろんな楽しみ方ができるところだと思います。サッカーが好きだから特定の選手が好きだからサッカーをしていたからレノ丸が好きだから、などいろんな理由でレノファ山口を好きな人がいるんですが、スタジアムでは理由関係なくみんなで応援できるところですかね。

③ 応援メッセージをお願いします!
勝っても負けても面白い試合をやっていると思うので、毎試合それが見られれば十分でございます!頑張ってください!

―家族連れー

① 今日はどういうメンバーで来られたんですか?
職場の同僚です!

② ファンになった経緯を教えてください!
もともと自分がサッカーをしていたということ山口のサッカークラブということで応援しています。

③ レノファの応援の楽しいポイントを教えてください!
レノファのゴール裏は、芝生になっていて子どもが走り回れる広さもあるので、家族で来ても楽しいです。

様々な楽しみ方ができる!みらスタへ応援に行こう!


レノファ山口は、タオルを振って一体感を感じながら全員で応援できるので、一度スタジアムに足を運ぶと、スタジアムで応援する仲間もできて、ハマってしまうのがわかる気がしました。
また、応援だけでなく、グッズやレノ丸くんなど、各々好きなようにスタジアムで楽しむことができるのも魅力の一つです。

ぜひ一度、維新みらいふスタジアムで、レノファ山口を応援してくださいね!