コラム

- column -

ちゅうごく5県スポーツ×メディアサミットを開催!(スポコラファイブ)

2019年1月23日(火)ひろしま美術館地下1階会議室にて行われた「ちゅうごく5県スポーツ×メディアサミット」に参加してきましたのでその様子をお伝えします!

「ちゅうごく5県スポーツ×メディアサミット」って?

このサミットでは、スポコラファイブに参加するチーム・団体が、ご参加いただいた中国地方の新聞、TV、雑誌等の様々なメディア関係者にチーム紹介だけでなく、試合以外の取り組みについてお話させていただきました!

スポーツチームの名前を目にする機会は圧倒的に「試合」が多いのですが、年間通して地域での社会貢献活動等もたくさん行っています。そのことを、メディア関係者の方により詳しく知ってもらうことで「スポーツ」の枠組みではなく、「社会」「経済」の枠組みの中でも除法を発信してもらい、より多くの人にスポーツチームの魅力を周知してもらおうという思いで企画されました。

当日のプログラムをご紹介!

こちらが、当日のプログラムです!

「ちゅうごく5県スポーツ×メディアサミット」
・基調講演「地域におけるプロスポーツの価値」
講師:株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役 島田慎二様
・スポコラファイブ参加チーム・団体によるプレゼンテーション
・屋外デモンストレーション
ゲスト:スペシャルオブザーバー 天谷宗一郎様(前 広島東洋カープ)
① ヴィクトワール広島 ローラー台体験
② 広島ドラゴンフライズ バスケットボールテクニックレクチャー

プロのバスケットボールリーグであるBリーグに所属し、天皇杯を3連覇した千葉ジェッツふなばしの島田社長のご講演に始まり、屋外デモンストレーションまで楽しみながらも、スポーツで中国地方を盛り上げよう!という強い思いを感じたサミットでした。

そもそも「スポコラファイブ」って?

スポコラファイブとは、中国5県のプロスポーツチームが連携し、新しい商品やサービスを生み出し、プロスポーツの力で中国地方を盛り上げよう!というプロジェクトです。

コンテンツ紹介①:基調講演「地域におけるプロスポーツの価値」とは

「地域におけるプロスポーツの価値」とは、というテーマでプレゼンテーションをしてくださったのは、株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役 島田慎二社長です。

島田社長は、代表取締役に就任された2012年に倒産寸前だったチームを「組織・ブランディング・マーケティング」の3点を重点的に改善することによって再建し、天皇杯を3連覇する、B.LEAGUEのトップチームに押し上げた方です。

「地域におけるプロスポーツの価値」というテーマでお話をいただきましたが、最も頭に残っているのが、応援してくれているファンに満足してもらえるように、以下3つの魅力の増幅に力を入れたということでした。
① 勝敗だけでなく、応援したくなる「チーム」の魅力
② 試合会場で試合以外も楽しむことができる「エンターテインメント」の魅力
③ 接客・挨拶・案内など「ホスピタリティ」の魅力

応援に足を運んでいるファンの方に「次も来たい」と思っていただけるようにファンとの一番の接点である試合会場へのこだわりはもちろんですが、運営スタッフも気持ちよく運営に力を入れられるように組織改革を行われたという点が、ファンだけでなくスタッフも大切にする島田社長のお話を伺えてとても感銘を受けました。

ファンやスタッフを大切にすることで、チームを応援したいという人が増え、千葉ジェッツが好きで地元に住む人が出るほどにもなったことで、チームが地元に及ぼす経済効果は年間25億円にものぼったそうです。スポーツチームの活性化は、観戦をきっかけに町に観光に訪れる人を増やし、移住者を増やし、地元開催をすることによって幅広い年齢の方に足を運んでもらうことで健康寿命延伸に貢献するなど、多大なる影響を及ぼす可能性を持っていることがわかりました。

島田慎二社長(https://twitter.com/shimadashinji

コンテンツ紹介②各チーム・事務局・連携団体からのプレゼン


いよいよ、今回の主旨であるスポコラファイブからメディアに向けてのプレゼンテーションです。
スポコラファイブからは、「プロスポーツチーム9つ、事務局、連携団体」の11団体がプレゼンテーションをさせていただきました。

プレゼンテーションのテーマは下記のとおりです。

プロスポーツチームの代表として、選手や監督、広報担当者がチームの実情や来期の目標について話すだけでなく、スポコラファイブならではのチーム同士が連携したイベントの告知や地域と連携した取り組みの紹介もありました。

今後、県や競技を越えたコラボレーションがあると思うと、聞いているだけでわくわくするような話ばかりでした!
ぜひとも今年度、そして来年度の取り組みに期待したいですね!

コンテンツ紹介③屋外デモンストレーション

今回のメディアサミットでは、自転車ロードレースのプロチームVICTOIRE(ヴィクトワール)広島によるローラー台を使ったデモンストレーションと試乗体験、プロバスケットボールチーム、広島ドラゴンフライズによるバスケットボールテクニックレクチャーが屋外デモンストレーションで行われ、スペシャルオブザーバー 天谷さんが体験されました!

① VICTOIRE広島によるローラー台体験

VICTOIRE広島からは、中山監督とキャプテンの藤岡克磨選手が参加し、初めに藤岡選手によるローラー台のデモンストレーションが行われました。
*ローラー台:回転するローラーの上で自転車に乗り、走ってトレーニングするもの

藤岡選手がお手本として普段のトレーニングでされているローラー台の使い方を披露してくださった後、天谷さんが試乗体験をされました。初めは、回転するローラー台の上で自転車に乗るということに慣れず、難しいとコメントされながらも楽しんでいらっしゃいました!

ヴィクトワール広島(https://twitter.com/Victoire_info

② 広島ドラゴンフライズ

広島ドラゴンフライズからは、広島県出身で昨シーズンまでの4年間広島ドラゴンフライズで選手として活躍され、今シーズンからはアンバサダーとしてイベントやメディア出演を通してバスケットボール、並びに広島ドラゴンフライズの普及活動を務めている岡崎修司さんが天谷選手にバスケットボールのテクニックをレクチャーされました。

バスケットボールを指で回す「ボール回し」や、基本的なドリブルだけでなく股の下をくぐらせたり、左右にボールをコントロールしたりと動きを付けたドリブルに挑戦された天谷さんでしたが、バスケットボールの扱いの難しさを体感されていたようでした。
広島ドラゴンフライズ(https://twitter.com/HIROSHIMADFLIES

天谷さんが屋外デモンストレーションとして、ロードレースのローラー台、そしてバスケットボールのテクニックを体験してくださったことで、それぞれの競技を専門にしている選手のスキルの高さが、テレビを通じてみなさんにおわかりいただけたと思います。
天谷さん、本当にありがとうございました!

スポーツをテーマに地域を盛り上げる!

千葉ジェッツふなばしの島田代表取締役のご講演、スポコラファイブ参加チーム・団体によるプレゼンテーション、屋外デモンストレーションと盛りだくさんのコンテンツだった今回のメディアサミット。

交流会では、チームとメディア関係者、メディア関係者同士が和気あいあいと交流をしている姿が見られました。

今回来ていただいたメディア関係者に注目し続けてもらえるよう、スポコラファイブの取り組み、チームの取り組みをもっと発信していきたいと思いました!

千葉ジェッツふなばし 島田代表取締役、ご来場頂いたメディア関係者の皆様、スペシャルオブザーバー天谷さん、お忙しい中足をお運びいただき本当にありがとうございました。