コラム

column

広島東洋カープのホームスタジアム!マツダ スタジアムを紹介!

ちゅうごく5県のプロスポーツネットワーク「スポコラファイブ」の活動に協力・賛同いただいている広島東洋カープにおいて、チケットや球場の管理をされている社員の方に、ホームスタジアムであるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(以下、マツダ スタジアム )をご案内いただきました。

今回は、「ボールパーク化構想」を導入し、試合はもちろんのこと、球場自体の満足度も高い「マツダ スタジアム」の座席やその特徴をご紹介していきます!

マツダ スタジアムについて

マツダ スタジアムは、「ボールパーク」を意識して2009年4月10日に建設されたスタジアムです。
2018年11月には日米野球が開催されました。
日米野球は全部で6試合(*1)実施されましたが、そのうち1試合がマツダ スタジアムでの開催でした。
国際試合の試合会場を選ぶ場合には、通常天候に左右されず開催ができる「ドーム式球場」が推奨されますが、MLB(メジャーリーグベースボール)から「マツダスタジアムで試合をしたい」という希望を受け、「屋外球場」で唯一試合が開催されることとなったのです。

つまりマツダ スタジアムは、メジャーに認められるほどの「ボールパーク」であるということですね。

それでは、マツダ スタジアムにどんな魅力があるか見ていきましょう!

① 座席の面積の拡張!

一つ目の魅力は「座席が広くなったこと」

実は、旧広島市民球場とマツダ スタジアムを比較すると、最大収容人数はほぼ同じなのですが、最大の違いはその敷地面積。
なんと、旧広島市民球場はマツダ スタジアムの半分程度の大きさしかなかったそうです。

つまり、現在のマツダ スタジアムができてから座席の面積が広くなり、座席の傾斜が緩やかになったことで試合をより見やすくなったことです。

② スタジアムグルメが充実!

マツダ スタジアムのもう一つの魅力は「スタジアムグルメ」

日本の多くの球場では、コンコースに出店しているお店が別会社のため 、よく売れるラーメンやカレーといったメニューが並んでしまうことになるそうです。
しかし、マツダ スタジアムでは、球場全体のグルメを一社が一括管理しているため、ポテトや焼きそばもあれば、デザートなども販売されていて、全体でショッピングセンターのフードコートのようになっているのが特徴です。

試合以外の楽しみも充実させるボールパーク化構想にとってはフードの充実は欠かせないものなのかなと思いました。

それでは、マツダ スタジアムには実際にどんな席があるのか、紹介してまいります!

(1) アウトドアデッキ

*写真はアウトドアデッキ3塁側のものです。

ウッドデッキには、試合開催時、クッションが並び、座席に座って観るだけではなく、寝転んだりクッションに座ったりと、思い思いの観戦スタイルを楽しむことができます。アウトドアデッキは1塁側と3塁側に 対になるような形で設置されています。ファウルポールの近くにあるので、たまにボールが飛んでくるのもおもしろいですし、ガラス張りだから見やすいというのが魅力です。

元々はコカ・コーラテラスがあり、一部「ふわふわカープ坊や」という子どもが遊ぶ場所だったのですが、2018年から席を変更して設置しています。
このようにマツダスタジアムでは、毎年必ずどこか席を新しくしているので、毎年通ってもスタジアム自体の変化も楽しむことができますね!

座席の詳細はこちら:http://www.carp.co.jp/ticket/zaseki/outdoordeck.shtml

(2)コカ・コーラシート

テーブル席の中では一番人気があるというコカ・コーラシート。
テーブルがあるので、ご飯を買っても食べやすく、柵がガラスでできているので、試合も見やすいです。
見せていただいたところは7人掛けの席でしたが、6人席や5人席もあり、人数の調整がしやすいのもポイントかもしれません。

椅子はマツダの車のシートを作ってるデルタ工業製とのことで、まさに「マツダ スタジアムならでは」ですね!

毎年、発売開始から1週間以内(早ければ2、3日以内)にはなくなるほどの人気席だそうです。カープは人気も勢いもまさに鯉の滝登り。一度で良いのでコカ・コーラシートで観戦してみたいですね。

座席の詳細はこちら:http://www.carp.co.jp/ticket/zaseki/t.shtml

(3)オブジェデッキ

スラィリースライダーがあった場所に新しく設置されたデッキ。
この席の特徴は、座ると試合が「見えない」というところです。(笑)

*写真は、上から映しているので少しグラウンドが見えていますが、座ると本当に見えないです。
最大37名利用が可能で8万円という求めやすさから、小さな子どもを連れた家族が来た場合、子どもたちをオブジェデッキで遊ばせておいて、自分たちはモニターで試合を観たり、他の場所から観戦したりという楽しみ方をする人が多いそうです。

ビール片手に寝転がりながらナイター観戦もできそうな雰囲気だったので、いつもの飲み会の雰囲気を変えるために利用するのも楽しそうだなと思いました。
詳細はこちら:http://www.carp.co.jp/ticket/zaseki/objectdeck.shtml

(5) 生ビール飲み放題セット

3塁側の内野指定席で座席と生ビール飲み放題がセットになって販売されていて、最速16:00から飲むことができるという、ビール好きの方にはたまらない席です!

ビールが好き、というよりも2杯以上飲むという方だったら、ぜひともお勧めしたい席ですね。周りの方とビールを片手に、一緒に応援するのも楽しそうです。

取材に対応してくださった社員の方も(社員の方はマツダ スタジアムで試合がある日は必ず出勤だそうなので)まだ体験されたことはないということでしたが、
いつか体験してみたいなあとおっしゃっていました。スタッフさんもお勧めする席なので、ぜひとも検討してみてくださいね!

詳細はこちら:http://www.carp.co.jp/ticket/zaseki/premium.shtml

今年も新しい座席が登場!

その名も「バスタベリア」
クッションに寝そべって観戦することができる「寝ソベリア」上段に設置された座席で、バスタブに入って観戦することができる座席です!
*お湯は貼っておりません。

私がオープン戦の応援に行った時には蓋がされていましたので、詳細はURLからご確認ください!

詳細はこちら:http://www.carp.co.jp/news19/n-028.html

カープファンに聞いた!チケット入手から観戦まで

今年も激戦となったチケット入手。
毎年球場でカープを応援していて、2019年も見事チケットをゲットしたファンの方にお話を伺いました!

(1) カープファン歴について教えてください!

「年に7~8試合を見に行っています。初優勝の時に赤い帽子をいただいてから、応援に行くときは常に赤を意識しています。広島に就職してからは特に強く意識するようになりました。」

カープの試合があるときは、広島市内は真っ赤に染まる印象があります。
町全体で応援しているという空気感がすごく良いですよね!

(2) 試合を見るのにうってつけ!という席を教えてください!

「内野砂かぶり席、と言いたいところですが、見やすさではネットが邪魔にならない内野指定席A又はBが好きです。それ以外ではビール飲み放題席はサーバーにも近くビジター席の下なので雨対策もバッチリです。」

スタジアムは天候が悪いときの観戦の仕方に悩む方も多いと思いますので、非常に良い情報をいただきありがとうございます。

(3) 2019年春のオープン戦のチケットを入手されたということですが、チケットを入手するためのポイントをお願いします!

「マツダスタジアムで0時から知人と交代で並びました。
毎年列ができる時間が早くなってきていて寒さ対策をしっかりしないと風邪を引きます。」

0時から!!!たしかにずっと一人で並ぶのは大変ですが、チームを組むと一人で待つよりも楽しそうですね。

(4)試合を見るときのポイントや、楽しみ方を教えてください!
「先ずは周りに併せて体を動かして応援すると一体感を感じられます。
そして試合が5回まで終了したときに踊る恒例のCC(Carp Cheer)ダンスは必ず覚えて、ビール売りの子と一緒に盛り上がりましょう。あと楽しみは選手プロデュースメニューが販売されるので、それを食すのも楽しみです。」

球場で応援する醍醐味の一つが、大勢のファンと一緒になって喜びも悔しさも分かち合える一体感ですよね!スタジアムグルメにも力を入れているとスタッフの方もおっしゃっておられましたのでぜひとも楽しみにして球場に行きたいと思います。

試合だけじゃない!マツダ スタジアムを満喫しよう!

球場をご案内いただいてマツダ スタジアムには、細部までこだわったたくさんの席があることや「ボールパーク」を意識して試合以外も楽しめるような仕掛けがしてあることを教えていただいて、テレビで画面越しに見るよりも、球場に足を運んだほうがずっと野球を楽しめるなと感じました。

プロ野球 が開幕して、すでに球場に通っている方も多いのではないでしょうか。もちろんメインは応援だとは思いますが、スタッフの方が試合以外も楽しめるようにと趣向を凝らしているので、ぜひ会場全体を見て回って楽しんで、フードを楽しんで、そして試合を楽しんで、満喫していただけたら嬉しいです。

*1 11月8日(木)に開催された「2018日米野球 エキシビジョンゲーム」を加えますと全部で7試合。